気になる情報・懸賞・愛犬・おでかけ・美術展など♪
万里の兄弟犬・龍馬君、永眠
2021年01月14日 (木) | 編集 |
一昨日の火曜日、飼い主さんからのメッセンジャーで、
万里の兄弟犬(四兄弟の次男)である龍馬君が、
1月12日(火)の夜遅くに亡くなったことを知りました。

龍馬君のご冥福を、心よりお祈りいたしますm(__)m


どちらも気が強い(笑)者同士、万里と仲が良かった^^龍馬君♡

年齢的に言えば、龍馬君は大往生のとても良い犬生でした。
(18歳3ヶ月のながきにわたる犬生の末の老衰死、
&柴犬の平均寿命は12~15歳です。)

また、広い家内を自由に歩いて過ごせていたので、
その点でもとっても幸せだったと思います。
さいごまでゆっくりですが散歩で歩けていたそうですし、
2~3日前まではフードも食べれていたそうです。
コロナ禍でテレワークだった飼い主さん達に見守られ、
旅立った龍馬君。
さいごまで良い子&幸せでした。

それでも、同体犬である兄弟犬が皆亡くなってしまうと、
やはり悲しいですね・・・。
(さくらちゃんは昨年12月4日に亡くなったそうです。)
でも振り返れば、4兄弟姉妹皆短命なワンコがいなくて、
良い犬生を全うしてくれたのは幸いだと思います。

龍馬君、万里と仲良くしてくれて、
飼い主達に楽しい時間をくれて、本当にありがとう!
これからはお空から、龍馬君ファミリーを見守ってね^^

&龍馬君のママさん達、すぐには無理でしょうけど
(万里・疾風の時の経験上、それは実感!!)、
ゆっくりと徐々に元気を出していってください。

何といっても、龍馬君はとても長生きした上で、
理想的な老衰で亡くなったのですから。

スポンサードリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する